自己紹介

オモデザハウスが大切にしていること


シェアを通じて「それ、いいね!」をたくさん見つけよう!

こしけん

僕です。

初めまして!
運営をしているこしけんと申します^^
僕は、2008年から東京でシェア生活を始めて、
2012年から、自分でシェアハウスを運営するようになりました。

2008年当時と比べると、
本当にシェアハウスが増え、スタンダードになってきたなぁと感じています。

このページを見てくださっている皆さんへ、
ここでは、僕が考える『シェア』について、少しお話させてもらおうと思います!

シェアをすることってそもそも何でしょう?

僕たちは、相手や出来事を通じて自己を確立しています。
簡単に言うと、
「自分らしさって、比べないと分からないよ」っていうことです。

例えば、
自分が、100メートルを10秒以内で走れるとしても、
みんなが同じぐらいのタイムで走れたら、特にすごくないですよね。笑

100メートルを10秒以内で走ることが出来る人が少ないから、「すごい!」と言われて、「じゃあ、オリンピック選手になってたくさんの人を感動させるね!」
と役割が生まれるのと同じように、

自分の「才能」や「役割」と言われるものは、
周りとの関係性(≒比較)によって生まれてくる相対的なものです。
そのために必要なことが、『シェア』であり、
生きていく上で一生必要になる「当たり前のスキル」であると言えます。

しかし、現代では、「住む場所」と「働く場所」が離れてしまったことにより、
お隣さんが何さんで、何屋さんなのかを知る必要がなくなりました。

結果、孤立化によって、自分が何者か分からなくなる、のスパイラルにはまり、
苦しむ人が増えているのも現代の特徴です。

僕は、シェアハウスは「一番小さな社会」だと思っています。

シェアハウスを通じて、
色んな人の人生に触れさせてもらうと、たくさんのことが見えてきます。

料理が得意な人もいれば、
料理が出来ない代わりに洗い物を頑張る人もいる。

イベントや企画を考えるのが得意な人もいれば、
全体をまとめるのが得意な人もいる。

「自分では今まで当たり前にやっていたこと」も、
周りから「すごい!教えて!!」と言われることだってある。

それって、まさに「才能の発見」の瞬間なんです。
シェアをすることで周りから見えてくる、自分の形。
新しい自分の発見。

「あなたはあなたらしくいたら良いんだから、比べなくても良いよ。」
という言葉にあるように、周りと比べることで苦しむ人も多いですが、

ポイントは、
「違いを間違いにせず、活かしながら生きる『生活』をする」こと。

毎瞬毎瞬、目の前にある材料を、
自分の価値観で、うがった見方をせずに活かし続けること。

それさえできれば、
シェアをし続ければし続けるほど、新しい世界・自分が発見できるようになります。

オモデザハウスが目指していること

シェアを通じて、「もう1つの家族」と、
1人ではたどり着けなかった場所へ行こう。

オモデザハウスは、
2012年、オモイ*デザインコミュニティというプロジェクトから始まりました。

1人1人のオモイ(夢)がデザイン(実現)されていくコミュニティ(仲間・繋がり)という意味で、

縦の成長と横の繋がり

というテーマを持っています。

シェアハウス以外にも
学びの場や実践の場を企画しています。

自分発見×自分らしく稼げる自分になる「オモデザスクール」

自分発見×自分らしく稼げる自分になる「オモデザスクール」

オモデザキャンプでの一コマ

オモデザキャンプでの一コマ

ゴールはもちろん、
自分らしさを活かした自己実現。

1つ1つの楽器や、声、ハモリ
色んな音が重なって1つの曲として出来るように。

みんなの特性を活かすと、
1人ではたどり着けなかった場所に行ける。

オモデザハウスの家族は
何でもシェアできる「家族」であり、
1人ではたどり着けなかった自己実現をするための「仲間」でもあります。

どうせ住むなら、ただ住むために家賃を払う、「消費の住居」ではなく、
投資の住居を選択してみませんか?

お問い合わせはこちら

LINEのID(メールではなくLINEでの連絡をご希望の方はご記入ください。)

FacebookのID(メールではなくFacebookでの連絡をご希望の方はご記入ください。)

ご用件をどうぞ!
実際に物件を見学したい空く予定の部屋を教えてほしい今後新しいシェアハウスが出たら教えてほしい持ち物件を貸したい住みたい人を紹介したいその他(題名にご用件をご記入ください)